LINE UP

トリロジー trilogy Designed by MooS

2階

新たな価値観をこの住宅に託した。南北へ抜けるLDKの床は水面のように煌めくモザイクタイル。壁面は家具で構成され、黒鉄板と丸鋼が織りなす階段が住まい手を上階へ誘う。住宅然としない多様なマテリアルとフォルムを選ぶことで、大人びた上質な時間を生出している。

2階+蔵

住宅は「間取り」といわれる平面的な要素で考察されることが多いが、人の空間認知には垂直方向の影響も非常に重要となる。この計画では、収納空間「蔵」が双方向にゆとりをもたらした。延床面積以上に開放的な、メリハリのある空間設計である。

3階

安心感のある間取りに対して、アダルトな表層を持つガレージハウスとしての計画である。素材感がもたらす緊張と安堵、愛車との距離感、そして、空を背景に帯広の街並を見渡す圧巻の眺望。三部作trilogyの象徴を成す市内初の3階建てモデル。