3階

3階 Type

圧巻の眺望をたずさえた
市内初の3階建てモデル

安心感のある間取りに対して、アダルトな表層を持つガレージハウスとしての計画である。素材感がもたらす緊張と安堵、愛車との距離感、そして、空を背景に帯広の街並を見渡す圧巻の眺望。三部作trilogyの象徴を成す市内初の3階建てモデル。

concept_img1
concept_img2

●敷地面積:154.60m²
●建築面積:49.70m²
●1F床面積:44.27m²
●2F床面積:49.72m²
●3F床面積:49.72m²
●延床面積:143.71m²
●車庫床面積:20.70m²

concept_img2

GARAGE

閉ざされ、生活感に染まることの多いガレージだが、隣接する個室と密な関係性を創り出すことで、多様なスタイルへの可能性を生み出した。とことん趣味に没頭する基地とするか、眠る車をディスプレイした寝室とするか、住まい手の創造性に委ねたい。

concept_img2

HALL

厳格な直線と緊張感あるグレーミラーの素材で構成されたエントランスホール。伸びやかな奥行きが、おのずと2階への期待感を抱かせる。玄関に託された昨日はそのままに、光と素材が織りなす感性豊かな空間を体験してほしい。

concept_img2

LDK

短形LDKにおける表層素材のキャラクターに重きを置いた住宅である。床材にウォールナット、天井には杉材を大胆に配し、陽光と木のぬくもりに包まれる落ち着いた空間を計画した。地を離れた2階LDKは、人の心地よさが多岐に渡る時代要請への一つの解である。

concept_img2

OPEN ROOM

優れた耐久性を持つ住宅は、住まい手に永続的な将来を約束し、かつ住宅それ自信にプログラムの可変性を求める。すなわち、長く暮らす場であるからこそ、1つの箱がどれだけのスタイルを叶えられるか。家族の変化に対して余白を残した計画である。